JTB

人気商品を日本から直送。食品、お菓子、化粧品、ギフトを販売しています。

WOAH! JAPANについて

ようこそ Mr./Ms.ゲスト 

0カートの中身


伝統の「九谷焼」による、美しきワイングラス

工芸品2016.04.01

およそ360年の歴史を持つ伝統の「九谷焼」の技術と、ヨーロッパのワイン文化が出会い、美しいグラスが誕生しました。 「九谷焼」の特徴は、彩り美しい絵柄。それは藍色を帯びた青色で線描きし、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を厚く盛り上げて塗る彩法で描かれています。山水や花鳥など絵画的な絵柄の見事さは、海外でも「ジャパンクタニ」として広く知られているほどです。
そんな「九谷焼」の技術とワイングラスを融合させたのが、『鏑木商舗』の「くたにワイングラス」。今回は、今年360周年を迎える九谷焼の歴史と、『鏑木商舗』の「くたにワイングラス」についてご紹介します。

歴史とともに進化・発展を遂げた「九谷焼」
その起こりから、再興期・近代・現代まで


  • 「古九谷」の代表的な図柄

  • 再興期の九谷焼の代表的な図柄

「九谷焼」の始まりは明暦元年(1655年)頃といわれ、その当時に製造されたものは「古九谷」と呼ばれています。「古九谷」は、17世紀以降に日本で作られた色彩磁器の中でも特に品位風格があり、豪華絢爛な作風が高く評価されていました。当時から、国内でも代表的な工芸品だったのです。そんな当時の「九谷焼」ですが、元禄期(1688~1704年)の前半頃には廃絶されています。ただし、その原因を詳しく語る文献は残っておらず、実際のところは現在もさだかでありません。 「古九谷」が廃絶されてから110余年後、「九谷焼」は加賀藩によって再興します。
加賀藩は文化年間(1800年頃)、産業奨励・失業者救済の目的で京都の文人画家・青木木米を招き、金沢市春日山に築窯させました。これをきっかけとして新しい窯が次々に興り、「九谷焼」は再興されます。日常品などが作られるようになったのもこの頃から。また、それぞれの窯が特徴ある画風を持つようになり、この頃の作風が現在の「九谷焼」の基礎となっています。


  • 近代期の代表的な図柄

  • 現代の九谷焼の代表的な図柄

明治時代(1868年~)になると、「九谷焼」は海外へも盛んに輸出されるようになります。当時活躍した名工・九谷庄三は、この頃に日本へ輸入されるようになった洋絵の具をいちはやく取り入れ、多彩な色を駆使した彩色金欄手という絵付を確立しました。この画風は「九谷焼」の主流となり、全国に普及していきます。政府によって殖産興業・輸出振興策が推進されていた当時、国内外で開催される博覧会に大量に出品されたものの多くが、この「庄三風」といわれる作品でした。
それらの作品は欧米人に好評を博し、「九谷焼」は「ジャパン・クタニ」の名で世界的に知られるようになりました。 昭和(1926年~)に入ると、過去に栄えた作風を源流にし、作家の個性が強く表現された作品が生まれるようになりました。特に第二次世界大戦後からは、欧米からの芸術思想に影響を受けたこともあり、「九谷焼」を芸術として捉えた創造的な意識を持つ作家も現れるようになりました。現在では、多くの九谷焼作家が南加賀の地に活動拠点を置き、独自の表現を追求しています。『鏑木商舗』の「くたにワイングラス」も、そんな独創的な商品の一つです。

金沢の伝統と流行が融合する地域
長町武家屋敷から「九谷焼」を発信する『鏑木商舗』

『鏑木商舗』は、文政5年(1822年)から「九谷焼」を専門に取り扱う窯元です。
手がける「九谷焼」の商品は、生活に沿った手頃な価格の品から、名高い作家の手描きによる芸術作品、さらには経年の美を備えた古物まで多数。石川県金沢市長町武家屋敷から世界に向けて、「味のある、よい九谷焼」を発信しています。なお、風情ある和風建築の店内には、九谷焼の販売スペース、海外に一度輸出されて再び日本に帰ってきた「里帰り九谷」などを展示・販売するスペース、さらに茶室や庭を望むカウンターを有するお食事スペースが用意されています。海外から石川県・金沢市にお越しの際は、ぜひ一度お尋ねください。日本の昔ながらの文化、「九谷焼」の歴史を感じることができますよ。

ワイングラスとしての機能美と
「九谷焼」の伝統美が一つになった逸品

さて、そんな『鏑木商舗』が手がかる「九谷焼」の中でも、特に特徴的な商品が「くたにワイングラス」です。このワイングラスは、ワインを注ぐボウル部分がガラス、手に持つステム・フット部分が「九谷焼」になっています。ボウル部分は、世界的なガラスウェアの老舗『Spiegelau』との提携により、合理的で優雅なフォルムに。また「九谷焼」ならではの美しさを楽しめるステム部分は、伝統柄や現代的なデザインなど、華やかで多彩な絵柄がすべて手描きで施されています。なお、当サイトでは赤ワイン用グラスを10柄ご用意しています。 くつろぎの一杯を堪能するためのマイグラスとして、また大切な人を楽しむ至福の一杯のために、そしてワイン好きな方へのとっておきのギフトとして、「くたにワイングラス」はオススメです。

お客様投書箱

WOAH! JAPANでは特集して欲しい事柄をユーザー様から募集しています。
興味のある日本の商品、事柄などを下記宛てにメールをお送りください。
返信は致しません。ご了承下さいませ。

info_jp@woahjapan.com
pagetop